えんためおかめでぃあ ~雑音楽記

だーいすきなのはーえーんためなのねー。

おかめ音楽史① ~歌番組

こんばんは。

 

自分が今まで触れてきた音楽を時系列で書いていきます。

okamedia-highball.hatenablog.com

主ブログで書いた記事も貼っておきます。

 

岩崎宏美さんのロマンスから始まったおかめ音楽史

ピンクレディーで踊ることを覚えて、さてそこからは?

 

実はシブがき隊にハマるまでって、そんなに好きな歌手っておらんかったんですよ。

 

でも歌番組は豊富にあったし、コント番組でも誰かが歌っていたり、目で耳で咀嚼することができた時代でしたね。

 

 

というわけで今日は音楽番組。

ja.wikipedia.org

夜のヒットスタジオ - Wikipedia 

ザ・ベストテン - Wikipedia

トップテンシリーズ - Wikipedia

ミュージックフェア - Wikipedia

 

 

今残っている古い音楽番組はミュージックフェアだけかな?

現在もいろんな音楽番組がありますが、それは今までのものよりもとてもマニアックでトークが多い印象。昔の歌番組ってドサーッ!と歌手がいて、ババババッ!と歌ってて、トークとかはホンマに挨拶程度でした。その分時間も2時間番組もありましたけどね。

フミヤくんが錦糸卵刻んだり、マチャアキ先生が突っ込みすぎたり、誰かの初恋の人だったりが出てきたりしてましたけど、今みたいに1時間で3~4組ぐらいとかじゃなかった気がします。

多分こういうところがマニアックになったんだろうなぁ、ひとつのグループを掘り下げたり、少人数でのやり取りが結構深い話もできる。MCの人によってはきっとやりがいもあって、ファンも楽しいのかも知れない。

 

うたばん - Wikipediaとか、HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP - Wikipediaとかは特集の歌手を一組決めてそこ中心にしてましたよね。

COUNT DOWN TV - Wikipediaミュージックステーション - Wikipediaなんかは出演者が多いイメージなんですけどね、CDTVはランキングだし放送時間長いから多くなるんかな?

 

ミュージックフェアは今年でもう56年で、日本のギネスに認定されてるとか。

私の子供の頃なんかは演歌や歌謡曲、いわゆるベテランや実力派と言われる方ばかりで、長門裕之さんと南田洋子さんご夫妻が司会してて、なんか荘厳な感じがしたの覚えてる、あと30分以上やらないイメージ(笑)

リニューアルまではアイドルやJPOPは出てなかったけど、最近は意外なコラボとかあって面白いからたまに観てます(笑)

 

どちらがいいかとかはあまり気にせずに、音楽番組を楽しみたいなと思ってます。

 

しかし、個人的にひとつ難がありまして。夜遅い番組が増えたのと、歌番組にかまってられない生活環境になっちゃったので、なかなか観られないのが何とも残念です。

昨日のMステも必死のパッチでした(笑)

 

そうそう!あとね、NHKさんが私の若い頃の好きなジャンルにスポットを当ててくれてたんで、よく観てましたね。

 

ジャストポップアップ - Wikipedia

ポップジャム - Wikipedia

 

バンドブームのせいでしょうね、でもミニライブとかもあって楽しかったです。

夜のヒットスタジオもR&N(ロックアンドニューミュージック)とかあってね、メディアに充実してましたね(笑)

今だとThe Covers - Wikipediaとかも好きですねぇ、星屑スキャットさん出てた時はよく観てました。

 

またいろんな番組観たいなー。落ち着いて観たいです、何にしろ。

歌番組をカセットテープに録音してた頃みたいに、それに集中したい(笑)

 

 

絶対誰か帰ってくるやつ(笑)

 

 

いまはUSBとかやもんな~進化してますよね。

じゃ、また書きます。