えんためおかめでぃあ ~雑音楽記

だーいすきなのはーえーんためなのねー。

臨時休業中

こんにちは。

 

 

主ブログをご存じの方はおわかりでしょうが、現在ブログ休業中です。

 

 

V625の続きもやりたかったんですが、

我が家の緊急事態のため、しばらくの間お休みさせていただきます。

 

 

今年中にV625プレイリスト完走したい!

 

 

 

 

ではまた。

V6【坂本昌行様 お誕生日おめでとうございます】49歳???

こにゃにゃちわ。おかめおばちゃんです。

 

 

坂本昌行様、49回目のお誕生日おめでとうございます!

avex.jp

 

いや、信じませんよ本当に、49歳でしょ?

うちの兄と同じ学年だなんて。

 

あ、でもうちの兄ちゃんヤドンみたいだし、比べちゃ悪いですよね。

f:id:okamedia_highball:20200721165330j:plain

ごめんなさい。

 

シニアの時の鋭い眼光はどこへやら、すっかり「パーマヘアのいけおじ」(by健ちゃん)になっちゃってまあ、でも色気はご健在でいつも打ちのめされております。

 

OneDishもアメジパもなんでこっちはやってないのかな。

いつになったらつながるの?センター問い合わせする?

 

 

今年は坂本くんに会いたくてFC入りました。

でもしばらく何もなさそうですよね。

またちょっとコンサートとかヤバそうなのでゆっくり待ちたいです。

 

慌てずに。

 

 

 

さあ、乾杯しましょう、坂本担の皆様。

私は朝から特急の中でかんぱーいしましたよ。


f:id:okamedia_highball:20200724093723j:image

なんか違う?

 

49歳になっても歌って踊ってくれる事におめでとうとありがとうございます。

まーくん、お誕生日おめでとうございます。

 

 

早くお会いしとうございます。
youtu.be

youtu.be

おばちゃんのハートを撃ち抜いた坂本くんのお衣装(麺じゃないやつ)貼っときますね。

 

今晩は祝杯だ!

f:id:okamedia_highball:20200724201855j:image

坂本くんの好きな鳥かわで!
f:id:okamedia_highball:20200724201835j:image

 

塩分控えめでよろしくお願いいたします!

V625④【㉕周年を盛り上げようじゃないか】1998年は長野五輪の年。

こにゃにゃちは、おかめおばちゃんです。

 

今日からまたV625再開です。

一度に何曲も上げると更新頻度が下がるし、ひと記事にかかる時間がぱねぇ。

リリースのペースも落ち着いて来た頃ですかね。

 

前回の続き、今日は1998年を観て行きましょうっ! 

 

 

 

リリースのペースが落ち着いたって、言いましたが・・・

まだまだペース早いですね。デビュー3年で11曲・・・。

 

【Be Yourself!】 1998年3月11日 

※何かと森田さんに顔を隠されてしまうさかもっさんですが、ワンショットは驚きの男前。 


V6 / Be Yourself!(YouTube Ver.)

この頃から岡田くんの身長が伸びてきた感じですかね。健ちゃんと同じぐらいになってる。テイクミーの頃には剛くんと並んでたかしら?

 あとはやはり土台職人長野くんの安定感でしょうか。体幹がいいんでしょうね、あそこまで回せて飛ばせる、担げるのは軸がしっかりしてるからでしょうね。

みんな運動神経いいからボディイメージがしっかりしてるんでしょうが、長野くんはダントツだなぁ。下半身しっかりしてますよね。他のみんなが細いからそう見えるのかも知れないですけど。おかえり、デイブ・ロジャーステイクミー以来の作曲ですね。

 

【翼になれ】 1998年7月15日

 ※赤いパンツからニョキっとのびる長い足ばかりみてしまう。


V6 / 翼になれ(YouTube Ver.)

お腹出して走ってくるイノッチ可愛いい。てか腰細いなぁ~そりゃこんにゃくにもなるわ。

岡田くんのお顔が一気に男らしくなりますが、このあと美人期突入なんですよね。成長中ってのがありありと分かりますね!

で、注目すべきがこの時の健ちゃんの顔つき。可愛いんですけどなんか精悍な感じの顔つきに仕上がっておりますね、男前だなぁ・・・。精悍なお顔と言えば我らがさかもっさんですが、脚長すぎねぇ?何メートルよ、ちきしょう。

 

 作詞作曲は岸谷(奥居)香さん。優しい力の入った曲ですね。

 

【over】 1998年11月11日

 ※剛くんと衣装がかぶっているせいか、兄弟のように見えるさかもっさんのお兄ちゃんっぷり。


V6 / over(YouTube Ver.)

長野くんがゴミ箱揺らしてるのが可愛い(笑)おばちゃんに回されてるのは健ちゃん(?)

この曲のPV観てると坂本くんと剛くん、長野くんと岡田くんが兄弟に見える(笑)こんな兄弟近所にいたら貢ぎまくるな、私、うん。

 

overのアレンジは明石昌夫さん。この方のアレンジデビューはB'zのデビュー曲「だからその手を離して」、97年ぐらいまではB'zのベース・マニピュレータとしてご活躍されていましたが、その後も元気にアレンジャーとしてご活躍されています。今63歳です(笑) ぶいさんの曲では「puzzle」と「自由であるために」を担当されています。

 

 

1998年は長野の文字が乱舞でしたね・・・(笑)

2月7日 - 長野オリンピック開幕 3月5日 - 長野パラリンピック開幕 

 

あとは、4月4日 - アントニオ猪木プロレスから引退 

6月10日 - 1998 FIFAワールドカップ(フランス大会)開幕

7月4日 - 日本初の火星探査機「のぞみ」が打ち上げに成功

スポーツの出来事が印象的。

 

5月11日 - インドで24年ぶり2度目の核実験が行われる。(インドの核実験 (1998年))
5月28日 - パキスタン、インドに対抗して初の核実験。(パキスタンの核実験 (1998年))
8月20日 - 米国、アフガニスタンスーダンのテロ関連施設をミサイル攻撃。
8月31日 - 北朝鮮テポドン発射、三陸沖に着弾。

軍事的な出来事も多い年でしたね。

 

4月5日 - 日本で明石海峡大橋が開通、同時に神戸淡路鳴門自動車道も全通。原健バンザイ(笑)

8月25日 - Windows98発売。9月4日 - Google設立。98は今でも使ってる方いるでしょうね。

 

あとこの年は映画関係者の方が多く亡くなられてますね。

9月6日 - 黒澤明 (映画監督)
11月11日 - 淀川長治 (映画評論家)
12月30日 - 木下惠介 (映画監督)

 

 

おまけで1998年のワタシ。

25歳でした。ちょうどパチンコ屋の事務職をしている頃で、毎日何千万単位のお金をひとりで扱っていました。その分収入は良かったけど、ホールスタッフとスナックを掛け持ちで働いていた頃の方が余裕があって楽しかったな・・・。

その頃はガコイコも観れなかったし歌番組も見られなかったからちょっとぶいさんたちともお別れしてました。明らかに一番つらい時代、毎日アホほど酒飲んで一時の坂本くんのような、と言えば立場が違うので怒られそうですが、あの時は辛かったな。

このあとだんだん疲弊して余裕もなくなって、この頃から少しあと(2000年)に入院することになっちゃったけど、ある曲で私は復活するんだな、もちろんぶいさんの曲で。

 

んじゃ、またその曲の時に(笑)

 

 

 

 

じゃ、また。

コロナ関連を【エンタメ・観光・イベント業界】思うまま

いらっしゃいませおはこんばんちは、おかめおばちゃんです。

 

 

主ブログで「書かない」と言うたわりにTwitterではポロリの多い大磯ロングビーチからお送りします。

すみません、自宅です、女だらけでもありません、我が家は3分の2が男です、ドキッ!もないです。その代わりヒヤリ・ハットは多いです。・・・すみません。

 

 

夏休み初日から計画してる旅行は正直まだ悩んでる。昨日、一応行程表になるべくものを作っていて、作りながらも悩んでいます。

okamedia-highball.hatenablog.com

そりゃあ悩みますよ、子供連れて行くんですから。根拠のない自信なんてクソの役にも立たない。

じゃあ止めればええでしょう?と言われると思う。でもね?

okamedia-highball.hatenablog.com

政府が大きく掲げたGoToキャンペーン。

 

休業要請が出たところなんかはできませんよねぇ?何かを犠牲にしないと気づかないとかそんな考えでないことを祈りますが・・・。

感染者数が再び伸びてきたこの時期にほぼ変更無くやるってことは、他の方もおっしゃるように「withコロナ」に日本が切り替えたって事です。経済活動に重きを置いたってことと私も判断しました。

 

別にそれがダメだとは思わない、逼迫している経済を持ち上げるのに必要なのは「人が動くこと」だから旅行やイベントなどは必須なのですよね、わかります。

 

でも・・・お金を使わせる前にもっとお金を使ってくれても良かったように思う。

 

 

何度も何度も言わせてもらうけど観光・イベント・文化・エンターテイメント業界。イベントひとつにとても大きなお金が動く。ここを動かさないとなかなか進まない部分あると思う。

なんでここの補償にもう少しお金をかけてくれなかったのか。

赤字になってしまう、もうやっていけない、いろんな気持ちを含めて強行突破して感染を拡げてしまったライブハウス。大きければ安泰ってわけでもないけど、やはり個人で、やってるとこへの補償は飲食店を含めてもっと多くても良かった。みんな命がけ。

 

じゃ、施設利用の半分を今出すからこれからは色々やりましょう。って、何でそれを3月に経営・運営側へ持って行けなかったのか。お金が動くところにお金をかけなさすぎた。感染拡大防止をするにもコストは掛かる、その資金は補填できひんのかな。

 

そんな中、全ての観光・イベント・エンタメ関係者の努力をひっくり返されたかのように、ずさんな管理を行っていた舞台も出てきた。

news.yahoo.co.jp

東京の感染者数が上がり始めていた頃にこの8畳一間がすべての人の楽屋ってのは正直狂ってる。

楽器演奏者も劇団も役者も歌手もテレビタレントではない芸能人も、子供たちのコンクールも!みんなみんな最初から自粛して頑張ってきたのに。

 今週末には東京・帝国劇場や兵庫・宝塚大劇場など、大型劇場での舞台公演が再開される。演劇関係者は「元々舞台役者ではない人たちのイベントでクラスターが出た。コロナ禍でここまで我慢してやってきたことが水の泡になるかもしれない」とこぼした。再出発を切る大手の商業演劇界にも多大なダメージを残すことになった。

国民の総意に背かないよう、ここまで頑張ってきたのにこれは本当に怒りが収まらない。

これは演者に対して言うてるんじゃない。

 

演者は被害者です。

 

 

ガオブラック(現・純烈)の酒井くんも怒ってる。

 

当たり前よ。運営側は今やるのなら徹底してしっかり責任取れよと。

 

 

結果、何人の役者が感染した?30人って出てるけど。ひどい・・・。

 

 

夜の街の対象とされて有名なホストクラブも、感染怖いから休みたいのに休んだら罰金とかあるらしくて。

www.asahi.com

こういうのホンマに経営・運営側のクオリティが低い。そりゃ尾ひれつけて色んな事言われ続ける。一部の行動で全体視される。良いことはそんなに全体視されないのに、悪いことは覿面。

 

 

 

書いてたら萎えてきた。でもこれだけは言いたくて。

エンタメ・観光・イベント業界ってのは基本的な衣食住を含まないものが多いから、余暇として捉えられることが多いので、何かあった時は全部後回し。そのくせ自粛は一番にしないといけないし、みんなを元気にしたい思いはこの業界が一番強いから、何かあった時に自分のできることを一番早く行動に移そうとするのもこの業界。なのに「好きでやってるんだからお前らが金くれ言うな」な扱い。

 

職業で差別しちゃいけないんだよー!

 

 

ほんまな、こんなんいつまでたってもGoToでけへんで。

 

 

 

せめて感染対策だけは十分にしよう。

 

 

ほなね~。

 

テレビ【雑音楽記⑤】

いらっしゃいませおはこんばんちは、おかめおばちゃんでーす。

 

※今日の記事も毎度おなじみ検証でも何でも無い、個人的な見解ですので不明瞭な情報だと思って下さい。このブログには、基本どこにも正解は書かれていません、都市伝説までは行きませんが、捉え方はおのが様々です(逃)

 

 

 

 

 

テレビ離れ

 

酔いどれおかめでぃあ ~ちょっと一杯、赤ちょうちん。」と共通で書かせていただきます。

最近「テレビ離れ」とネットの記事でよく聞くようになり、気にはなっていましたが、自分にもそういう傾向が出てきたことに、何でかなー?と疑問に思いまして。

そう言えば「TVのチカラ」というタイトルの事件解決番組がありましたね。それほどの影響力があるテレビなのになぜ離れていったのでしょう。

 

 

いや、力があるから離れていったのかも知れません。

 

 

 

この記事を書くきっかけ

 

※お相手のフォロワーさんは非公開なので載せません※

 

前のアカウント(2010年頃作成)から、まあまあ長く仲良くしてくれているフォロワーさんがおりまして、その方に最近おかめおばちゃんのフォローをしてもらいました。

で、テレビしんどいとの事で、あーわかるわかると話しているうちにここんとこ、自分からテレビをつける行為を週に1~2回もしていないことに気づいたんです。

ボンには「ウルトラマン始まるよ」とか言うたりして観たりもするけど。

そもそも、忙しいのが理由で観てなかったと思うけど、退職してから家にいる時は結構暇なので観てもいいはずなのになぜ?

 

参考までに、今よく観ているのは・・・

 

Eテレ(隣の部屋でボンが観ているやつをほぼ声だけ)

・週一回のニチアサやウルトラマンなどの特撮ヒーローモノ(これも主に声)

・月に二回ぐらい嵐のバラエティ番組(ゲストによっては観ない)

・年数回、映画や歌番組

・年一回のジャニーズカウコンと爆笑ヒットパレード

・お父ちゃんがテレビを点けた時のバラエティ

 

全く観ない人から言えばよく観てるかも知れませんが、私は常にテレビが点いている家で育ったので、テレビが消えてる時間が寝てる時!と言うほど、小さい頃の私はテレビが大好きで母とはよくテレビを観て過ごしていました。

アニメ、特撮に始まり吉本新喜劇やスポーツからバラエティ、漫才、クイズ番組にドラマ、もちろん歌番組を観ることには私が主導権を握っていました。

 

そんなに観ていたのにどうして?音楽に気持ちが動いた以外で書いてみます。

 

母親特有の理由?

 

忙しいお母さんに有りがちの、

・時間がない。

・観てても邪魔が入るから最初から観ない。 

ボンが最近やっと一人で寝に行けるようになったし、家事しながらでも点けられるからそれやないかな。今は専業主婦やけど、滅多なことがない限りはテレビ点けない。

 

ネットの普及が一番の理由?

 

誰もが答える「ネット環境」

ニュースはスマホですぐ見られるし、調べ物もネット。動画サイトの普及もあってアマゾンプライムでは映画も観られて・・・。

これだけが理由ならこんな記事は書きません。

 

タイトルにも「怖い」と書いています。それはネットよりも? 

倫理委員会でも守られているはずのテレビ放送、ネットの方が教育上にも精神衛生上にも良くないコンテンツはたくさんある。

ボンが観ているYouTubeも、気をつけないといけない動画がたくさん流れていて、その中で知らない言葉を中途半端に知って、間違った使い方をしないかヒヤヒヤしている。

 

 

 では何を以てテレビが怖いと思ったのか?

 

 

観るに堪えない・聞くに堪えないものが飛び込んでくる

 

放送コードは遵守されているはずなのに飛び込んでくるとは?

なぜ、怖いという表現を使ったかというと、テレビを観ていると「疲れる」んです。

視覚聴覚の過敏などは今は置いといて下さい。それは動画もテレビも関係ないです。

むしろフラッシュや機械音声の多いネット動画のほうが気持ち悪いです。

okamedia-highball.hatenablog.com

一応置いときます⇧

 

 

今のテレビが面白くない理由に下ネタが減った、オネエチャンのおっぱいが無いだとかゲスいネタが無くなったというのがなにかの調べでありました。

 

それは・・・あの・・・ワタシ的には観るに耐えます(笑)

 

てか観たい(笑)

 

きれいなオネエチャンのおっぱいは観たいに決まってるじゃないですか!小学生男子の性格で基本生きてるので、鶴瓶さんの股間が映ったと聞いても笑ってましたもん。おっさんまたやりよった!ぐらいでしか無いです。

 

 

 

じゃあ何よ、長ったらしい!とっととお言いなさいよっ!

 

あ、すみません、私は、の話ですよ、私は、の。

 

 

笑えないネタが増えたな・・・って。

腹から爆笑できないネタが増えた。

 

人が必要以上にいじくられているのが苦手。

 

いじられキャラの代表格の方がやらされすぎて、これちょっとまずいちゃうの?と思うことが増えた。これは昔のいじられキャラとは違う。ドリフで言うと、志村さんにも長さんにもタライは落ちてきた。平等にみんなで笑いを取ってた。

でも今は違う、上から見下ろしてる人や静観してる人が、恥ずかしい思いや痛い思いをする人を囲んで笑ってる。

 

ジャニーズグループのメンバー、EBiDANグループのメンバー内のオフショ的なやつでいじられてるのは慣れてる・・・いや、キャラでお決まりのネタなんでしょうけど、その反面やりすぎかな?と思うのもあります。

高所恐怖症の人に飛び込みやスキージャンプ当ててくる企画とかは、正直私が泣きました。

気持ちわかるからね、本当に腰抜けるし動けなくなるし、気狂うから。風船の割れる音も人によっては爆弾ですから。せめて寝起きドッキリで止めといて(笑)

 

 

間違った自虐ネタ 

 

あと観てて辛いのはお涙頂戴。彼、彼女らが体を張ってそこまでする必要はあるのかと。極端な話で言うと○時間テレビでそんな足動かんのに泳がせるとか何?!

最近では反対に障害者が作る番組で、あまりにも生々しくターゲットの弱みに付け込んで嫌な表現使ったり。

弱いところにつけ込んでバカにするような表現をするのと、弱みを晒して開き直りすぎるのははっきり言って面白くないです。

自虐でアピールするなら自虐で止めといて欲しい。でも、心からは笑えない。それを求めているのかどうかは知りませんけど、私は笑えない。

 

純粋に「うんこ!おなら!おっぱい!ちんちん!」なネタなら笑えるんですよ。あの頃の私のように。あの頃はテレビは時間帯によって誰のものかわかるようになってました。

夕方から夜9時ぐらいまでは子供のもので、夜9時から深夜にかけてはお父さんたちのもので、お父さんたちの時間帯のテレビをこっそり観た時のドキドキは何とも言えぬ大人の階段で。

そして、朝から夕方にかけてはお母さんたちのものでした。

 

ワイドショーの変遷。

 

お母さんたちの時間に情報番組が幅を利かせていた頃、純粋な情報番組は本当に楽しいものでした。学校を休んだ時にちょっと観たりするのが楽しかったり。

 

でも、それが「ワイドショー」という名前になると一変しました。

 

「誰かが誰かに怒りをぶつける」

「ニュースに言及する」

「守られるべきものをコケにする」

 

ネットニュースを観ていると、某番組でアイドルにジャイアントスイングをカマしていたMCが自分のことを棚に上げて吠えてる。いつそんな専門家できたのかわからない専門家が別ジャンルの話題に吠えてる。一介の作家がある病院の医療従事者に吠えてる。というニュースが並ぶ。

 

公共の電波で怒ってる。

 

 

言論思想の自由ってのがある。

それは確かにわかる。でも、ニュースに個人的な感情って乗せるもん?

 

犬ようさん飼うてる神経質なMCが偉そうな物言いをしても、ホンマにアメリカ人かわからん人がベタなダジャレを言おうがそれは自由。

 

 

でも、なんか引っかかる。

 

 

心からの売り言葉に買い言葉を公共の電波で使ってるのをそのままにしてしまうのは、「MCの度量」が低いようにも思う。

デリケートな事件で怒りを顕にするのは、訴えかける何かがあっていいとも思う、でも、明らかに自分だけの意見を視聴者に投げるのはなんか違うと思う、わかってもらえますかね、私も何言ってるのかわからなくなってきた(笑)

 

キレりゃ面白いわけではない、うん。

 

 あ、キレるで思い出した。ニコ動のCMなんですけど、老けてしまった、太ってしまった奥さんに怒鳴りつけたり自分の不倫を開き直ったりしてるのがあります。美容系のCMで、女性の方が旦那のキレてる怒鳴り声を濁声で表現してるやつ、めちゃくちゃ不快です。何あれ!?世の奥さんまくし立ててんですかね?出てくるイラストもなんか動きのない静止画でお金かかってない(笑)まだジャパネットの社長の方がいいです・・・ってあ、これネットの意見やん(笑)

 

 

まとめとおまけ

 

一人ひとり意見が違うのは当たり前やから、何を言うてもええんでしょうよ。

でも、なんかね、テレビ観てると何かをえぐられているような感覚があったりします。

テレビは流し見してると、無条件で望んでないそれが入ってくる。苛立ちも、ぶつけられまくる感情もとことんダイレクトに入ってくる。それが辛いのかなあ・・・って。

 

テレビってこんなんやったかなあ?って。

 

ネットは自分で選んで観る事ができる。

好きで観てるはずのテレビ番組に、たまたま出ていたタレントが引っ掻き回しているところを観ることもあまりない。

動画も何が流れるか内容はだいたい分かるからね、CMにはやられるけど。

 

書き連ねてきた中に、自分でも普段やってるなと思うことがありますが、そこは自分が無関係ではないということが多い。こんな感じです⇩

 

外野が騒ぎ過ぎなんですよね・・・。

 

 

うん、自分本位でスミマセン、長い独り言でした。

 

 

でも、楽しいテレビ観たいなぁ。

 

おまけ

いい大人の熱愛報道っている?

いらんでしょ?本人から報告あったら「おめでとう」でよくないかい?

結婚してた、子供いた、スクープにする必要ないと思う。

 

ジャーナリストさんも大変やろけどね・・・。

 

 

毎度ありがとうございます、ではまた。

V625③【25周年を盛り上げようじゃないか】1996~1997年 

おはこんばんちは!おかめおばちゃんでーす。

今日は三宅健生誕祭なので2件目あげます。(・△・) 

 

朝からV6にお金を払ってきましたー!20年ぶりに誰かのFCに入会した(^_^;)

f:id:okamedia_highball:20200702130324j:plain

ブイシツクス。(笑)

 

コンサートと舞台のために入りましたキッパリ

私が誰かのFCに入っていた頃は郵便振替で、すんごい面倒やったからやめたのよね・・・。

 

もっと早く入ったら良かったねぇ、ま、長い間貧乏やったから仕方ないわね~。

てか、今めっちゃ便利やねんね~(笑)コンサート当たるといいな~。早くやれるといいな~。

 

 

さて、1996年の続き。そろそろ携帯電話の普及が跳ね上がる時期ですかね。

私は最初ピッチ(PHS)を持っていましたけど、すぐに携帯にしました。そんでその時の番号は未だ私のもとでご健在です、ティガとともに歩んでます(笑)

 

 

 

 

 

TAKE ME HIGHER】1996年9月16日

 

ウルトラマンティガOPです。

あ、ちょっと長野くんに物申す、ウルトラマンであんな頭動かすようなチューしたらダメよ、小さいおこちゃま観てるからね!

 

では、MVを(笑)

 

※ポージングのたびに必殺技が出そうな強いさかもっさんが、ちょっとよろけたように見えるところをお楽しみ下さい。


V6 / TAKE ME HIGHER(YouTube Ver.)

動き激しいな~相変わらず。

 

 

んで、1997年。

 

てかねぇ、1997年4曲あるよ、これしんどかったはずよ・・・とくにカミセンは学生さんだったわけですしね・・・。それを支えたトニセンも、みなさんよう頑張られましたよねぇ。

 

1997年といえば、大きな天災はなかったものの、

大韓航空機事故と、マザーテレサが亡くなったのがこの年。

あとポケモンショックもこの年ですね、V6のこの頃のMVは高速カメラワークとフラッシュが多いですよね・・・。

目ぇチカチカする方は休憩しながらご覧くださいね。

 

 この辺、作詞作曲が豪華です。(もちろんデイヴも豪華ですよ。)

 

「愛なんだ」は作曲が玉置浩二さん。

「本気がいっぱい」は、作曲がEddy Bluesこと織田哲郎さん。

「WAになっておどろう」は詞曲共に長万部太郎さんこと角松敏生さん。

「GENERATION GAP」がF-BLOOD、藤井ブラザーズ。作詞が藤井フミヤさん、作曲が弟の藤井尚之さん。

 

この年代に20代だったお姫様方は、どストライクだったんじゃないですか?もちろん私もそのひとりですけども。

 

【愛なんだ】1997年1月20日

 

V6でいちばん有名かも知れないな~WAが今は一番かな?

当時でも結構インパクトのあるタイトルですよね。

※さかもっさんの歌い出しの美声に聞き惚れて下さい。


V6 / 愛なんだ(YouTube Ver.)

今、改めて見ると、衣装のパターンが登下校の見守り当番のチョッキみたいなベストですよね(笑)

この曲から、ユーロビート系の曲は一旦お預け、次の再開は「Be Yourself!」

坂本くん、Srのときよりもぐんとお上手になったと言うか、あの当時アップテンポの曲をよく耳にしたから気づかなかっただけかもしれませんが、雰囲気全く違う声でしたので「おお、すげえいい声」って思いましたわ。

アルバムでは出てたかも知れませんけど、その当時はシングルしか聞いてなかったので知らなかったんですよ。

 

今年は「愛なんだ」もできないかも知れないけど、なにか特別なやつやってくれたらいいねぇ。

 

【本気がいっぱい】1997年4月3日

 

※グラサンでシュートをしているさかもっさんには、絶対ボールカット行きたくない(笑)


V6 / 本気がいっぱい(YouTube Ver.)

この曲好きやなー。でも再生数少ないと聞いて驚いてる。

めちゃアクロバット見れますよね、あと上裸の剛くんと(笑)

つなぎ履いてる坂本くんの足の余り方も素敵ねぇ・・・。

これ絶対目回るやつやん!ってテレビ見ながら言いました(笑)

 

WAになっておどろう】1997年7月9日

 

※焼きそばみたいな可愛らしい髪型で、異国の屋台感あふれる電球の下で笑う地元の人みたいなさかもっさん(笑)


V6 / WAになっておどろう(YouTube Ver.)

今、Mステで企画やってますね。こないだ初めて観ました。(おかめさんテレビあんま観れない)

スマイルアップで見た屋良くんも元気そうで何より、いい男になったねぇ・・・。

 

 

【GENERATION GAP】1997年11月6日

 

※長野くんとさかもっさんの高さ2m辺りのハイタッチから、一緒に健ちゃん准ちゃんをハグするご両親っぷりをお楽しみ下さい。


V6 / GENERATION GAP(YouTube Ver.)

 

この頃はみんなおっぺぇ出しててね、みなさん細すぎて心配しますけども。

出してりゃ良いと思ってた剛くんね、上裸はやりすぎでしょ(笑)

この曲の振り付け大好きだわ~特にサビのとこ。あ、肩がキュッキュってかわいい。

にしても坂本くんは足長いなー。イノッチも長いけどなんでしょう、持て余してる感がすごいのは坂本くんですね。

 

1997年は学校へ行こう!も始まって、J-FRIENDSも始動してあちこち引っ張りだこでしたね。翌年の1998年には24時間テレビで剛くんがチャリティランナーでした。

 

この頃からの私、昼は週5でパチンコ屋、夜は週4でスナックの掛け持ちのバイトをしてて大変でした。でも、火曜と木曜、日曜は夜がおやすみだったので「学校へ行こう!」は母とよく観てました。うちの母も大好きでふたりでお腹抱えて笑ってたな~。

そんな母ももう雲の上ですが、大人になってから一緒にテレビを見た思い出は、「学校へ行こう!」でした。

 

 

なんか曲のことあんまり書いてないな・・・まあ、MVですので『観る』に重きを置いてみました。

次はもっと曲に触れたいなぁ、と思っています。

 

 

 

では、まったねー!

V6【三宅健様、お誕生日おめでとうございます】41歳!?

おはこんばんちは!おかめおばちゃんでーす。

 

ああ、忙しい。

 

 

三宅健ちゃん、お誕生日おめでとうございま~す!

 

 

avex.jp

公式載せときます。(大丈夫ですよね?問題あれば教えて下さい)

 

いやぁ・・・。若いですね、お顔が。皆さんお若いですけど、特に健ちゃんはお若い!

でももう41歳?!何度も言わせていただきますけど、うちの旦那より年上ですって!そんなバナナ!(ぶいさんと言えばバナナ)何であんなに可愛いのぉ~!!声もキャラメル過ぎて可愛すぎんじゃ~!!

 

 

41歳、マジかよ。

 

 

・・・無粋なことをいいますが、早くお幸せになっていただきたい。いや、結婚だけが全てではないのでそこは深く言いませんが、お相手いらっしゃるようですし、もう大人ですし。

坂本くんもお相手いらっしゃると拝見いたしましたので、今年はお二人でご入籍の報告が聞けたらいいなぁ、と思っております。

 

 

てか、ぶいさん達ホンマにめんくいね。まあ、それをちゃんと祝福してくれるお姫様たちの王子様方だから、当たり前か!メンバーもファンも幸せよなぁ。

 

 

 

健ちゃん、いつもにこ健ありがとう、楽しく読ませていただいてます。

V6愛がいろんな穴から溢れてメンバーの膝の上座っちゃう健ちゃん、これからも若いまま「みんな可愛いいんだからちゃんとお手入れしてー!」みたいに言いながら、いつまでも変わらない健ちゃんでいて下さいね。

 

お誕生日おめでとう、良い一年を。

 

 

 

じゃ、まったねー!